(Reblogged from konishiroku)
(Reblogged from konishiroku)
Amazonがすごいのは、すべての和書のページに「Kindle化リクエスト」のボタンを設置していることだ。抜け目がない。みんな、稀覯本のページではガンガンこのボタンを押してください。
 残念ながら、楽天のkoboには、こうした視点はなかったね。余裕がない、思想がない、喜びがない事業だった。
(Reblogged from konishiroku)
今、外食産業のチェーン店で
家賃を払う力が一番あるとされているチェーン。
つまり、一番儲かる体質にある会社、
というコトになりますけれど、
それは、スターバックスにおいて他にない。
だって、彼らのメインの食材といえば「水」ですから。
しかもその水に最大限の付加価値をつけて、値段をつける。
砕いたコーヒー豆で色をつけ、
沸騰させたミルクで泡をつけるといった
付加価値だけじゃなく、技術や笑顔、
気持ちのいい空間を総動員して、水を高く売る。
(Reblogged from konishiroku)

「いいですか、人気のデジカメ。今日のはなんと700万画素なんです。700万画素だと、写真を、ほらここにある新聞紙(手に新聞紙を広げる)一面の大きさに引き伸ばしても、このように(今度は同じ大きさに引き伸ばした写真に持ち替え)写真のきめが粗くなりませんね。サービス版の画質と変わらないでしょ。どうです。こんなに大きくしても、くっきりはっきり画質が落ちないんです。この700万画素のデジカメで、お子さんやお孫さんの写真を、例えば誕生日ごとにとっておいて、20歳の成人式の日にこの新聞紙の大きさの成長記録集としてプレゼントしたら、びっくりしますよ。
 『お母さんありがとう』
 『おばあちゃんありがとう』
 振り袖姿のお嬢ちゃん、泣いて喜んでくれるんじゃないですか。700万画素だからできるんです。写真が大きいから感動も大きいんです」

 こりゃあもう、名人芸。目の前の幸せばかりか、10年、20年先の幸せのイメージまで伝えてしまう。

(Reblogged from konishiroku)

carsontheroad:

Rolls Royce 1921-1923
selected by CarsOnTheRoad

(Reblogged from carsontheroad)
じつはフランスの小学生は、傘は尖っていて危険であり他人を傷つける恐れがあるという理由で傘を学校で使えない。したがって子供たちは雨が降るとレインコートを着たり、そこまで雨が激しくない時は服のフードを頭に被ったりして済ませる。このような状況で育つので、大人になり雨が降ったところで傘が無くてもそれほど気にならない。
(Reblogged from konishiroku)
デザインに関して、日本の企業と違うのは、スケッチデザインで物を決めないという点が大きく違うと話してました。スケッチを元に3D化しても、わからない事が多く、実物大のモデルを何度も作って判断するようにしているのがAppleだと話してました。1つの製品に対して、作る実物大モデルは100個以上にもなり、2mmの違いでもモデルを作ろうという風潮がAppleにあると話してました。もし、日本ならば、実物大モデルを1個作るのに100万かかるとしたら、5個までしか予算はないと言われるかもしれないが、Appleには制限などないそうです。
(Reblogged from konishiroku)
金で自由を買えないなら、そんな金は無駄だ

全財産はランボルギーニ:全米を放浪 | WIRED VISION (via dannnao) (via proto-jp) (via thresholdnote) (via dukkha) (via onehalf) (via filtar) (via mikanthecat) (via yellowblog) (via takenao) (via edieelee)

原文もかっこ良い。

(via yuasa)

(via dotnuke)

(via msk-tkr) (via jinon) (via hepton-rk)

(via naonanigashi) (via budda)

(via xlheads) (via konishiroku)
(Reblogged from konishiroku)
(Reblogged from konishiroku)