もしあなたが上達を実感できていないなら。 練習に取り組むこと自体に苦痛を感じているなら。
あなたは、今やっていることよりも前にやるべきことを すっ飛ばしている可能性があります。
(Reblogged from chaos22)
さて、本書には『音楽嗜好症(ミユージコフイリア)』というタイトルどおり、音楽に関係する不思議な精神的症例が数多く登場する。2010年に単行本で発売された当初は2500円という価格だったため、古くからのオリヴァー・サックス・のファンや脳神経医学に興味のある読者には大いに評価されたが、音楽好きの若い読者にとってはハードルが高かったかもしれない。今回の文庫化を待ち望んでいた人は多かったであろう。じつに素晴らしい医学エッセイなのだ。

最初に登場するのは、幸運にも落雷から生還した42歳の整形外科医の物語だ。ある日、電話線を伝わってきた雷がこの医師の顔面を直撃した。しかし、医学的な検査の結果は問題なく、2週間後には仕事に復帰したという。この直後から医師は激しい音楽の波に飲み込まれる。突然、ピアノ音楽を聞きたくてたまらなくなったのだ。まずはショパンなどのレコードを買い集めた。そして、ほとんど楽譜も読めないのにピアノの練習をはじめる。

雷に打たれてから3カ月後には音楽以外のことに時間を使わなくなっていた。ついにはプロと共演するコンサートデビューを果たし、ピアノ曲を作曲して喝采を浴びてしまう。音楽の才能とは先天的・後天的を問わず天賦のものなのかとつくづく考えさせられる一篇でもある。
(Reblogged from konishiroku)
東宝は映画で稼いだお金をスタジオとかシネコンとかに
投資していたのに対して東映はアニメで松竹は寅さんで稼いだお金を
コケ映画で浪費していた。
それが今の東宝と東映と松竹の差を生んだんだろうな
(Reblogged from konishiroku)
塩水の海流は大西洋と南洋の海底に熱を蓄える新しいサイクルに入ったのです。これこそが30年に渡って続いてきた地球温暖化が21世紀に入ってから寒冷化に転じた原因なのです
(Reblogged from konishiroku)
(Reblogged from konishiroku)
仏陀の言葉にすら依存しない

君が川を渡るためにイカダを作って、川を渡った後でこう考えたとしてみよう

「このイカダはとても役に立ったから捨てずに背負って歩いてゆこう」と

そんなお荷物を抱え込んでてしまっては、重くてまともに歩けはしなくなる

それが君の業績・学歴・職歴であれ、このイカダと同じ事

私の言葉も教えも真理すらもまた、このイカダのようなものにすぎないのだから

君が私の教えを使い終わったのなら、惜しむ事無く捨て去るように
(Reblogged from konishiroku)

cabbagerose:

saatchi & saatchi/smart design studio

via: blueverticalstudio

(Reblogged from archi-tecture)
(Reblogged from carsontheroad)
勝っても負けても経験だが、それが「いい経験」になるのは、次の機会に同じような間違いを繰り返さずに済んだときだ。
(Reblogged from misoka)
(Reblogged from konishiroku)